日記です。


by vergleich

<   2011年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

今回の用語はCPUです。

CPU(シーピーユー:中央演算処理装置)はコンピューターの頭脳です。様々な計算をしコンピューターに組み込まれた機器とのやり取りをして制御しています。そのためCPUが進化すればするほどより高度な処理ができるようになります。

私が買った初めてのパソコンはMZ-1500でした。当時主流のZ80Aをつんでいました。スプライト機能が無かったため(PCGあり)ファミコンなどに比べてもそれほどすごいと思いませんでした。
ですがBASICで自分でプログラムを組んで動かせました。このZ80Aのクロック周波数(性能の指標)は4MHzでした。それでも当時は満足できました。

現在のパソコンでは〇GHzとなっています。(1GHz=1000MHz=1,000,000,000Hz)すごい進化です。

CPUは構成(メモリなど)によっても全体の性能差が出ます。

さてノートパソコンにもどりますが現在内蔵されるCPUは主にIntel系とAMD系に分かれます。

それぞれのCPUブランドにリンクつけてあります。文字色変えて有ります。

(1) Intel系では

1、Intel Core i7

2、Intel Core i5

3、Intel Core i3

4、Intel Pentium

5、Intel Core 2

6、Intel Celeron

7、Intel Atom

(2)AMD系では

1、AMD Turion II

2、AMD Athlon Neo

3、AMD Turion II Neo

様々なCPUが使われています。
ノートパソコンを選ぶときの指標の一つにCPUについて多くの情報を得てはいかがでしょう。Wikiで見るこちら⇒CPU
[PR]
by vergleich | 2011-03-09 11:37 | ノートパソコン
今回からノートパソコンの用語のリンク集をはじめたいと思います。

用語というと難しくなりがちなので簡単な説明にプラスして、より詳しく見たいときにはWikipediaのリンクから調べることが出来るようにします。

まず基本的なことからですが

" ノートパソコン "から

ノートパソコンはラップトップとも言います。デスクトップに対して膝の上で出来るパソコンです。
よく聞くキーワードとしてゲーミングラップトップ(ゲーミングノートパソコン)があります。
ノートパソコンは様々なカテゴリに分かれていてネットブック、UMPC、モバイルノート、A4ノートなど様々な分類があると思います。これらについては後日やります。

ノートパソコンに対してデスクトップパソコンがありますが普及価格帯のノートパソコンが出てきたことでシェアはかなり増加したと思います。ただ同じ価格帯で比較するとデスクトップパソコンの方が性能が高くなりやすい傾向があると思います。
また、スペース的な面や熱処理的な点からもデスクトップパソコンのほうが性能を高めやすいと思います。

ただビジネスシーンや学生、モバイル使用という点でインフラが整ったり、ネットブックの普及でセカンドマシンとしての需要も増えてきていると思います。

私の場合はASUS U30JC-QX075Vを使用していますが持ち運びしたりデスクトップ的な使い方もしています。(外部ディスプレイにつなぎマウス、キーボードを使用)
様々な使用環境を考慮して選択、使い分けできると思います。

ノートパソコンについて詳しく こちら⇒ノートパソコンWiki

更新ペースは遅めですが段々増やしていこうと思います。

[PR]
by vergleich | 2011-03-03 14:34 | ノートパソコン